不動産購入の流れを把握しておこう|上手な交渉術

つみき
室内

特徴を見極める

不動産買取を業者に仲介に入ってもらって頼みたい場合、業者によって様々な特徴があるということを覚えておきましょう。福岡の地域に密着している業者であれば、周辺住民との折衝もスムーズになるでしょう。

模型を持つ人

リフォームを検討

中古の物件を埼玉で購入するなら、広い敷地をもつ物件を手に入れられる可能性が高まります。仲介してくれる不動産業者や売り主によっては、リフォーム費用も込みで交渉してくれるところもあります。

婦人

スムーズに申請する

土地に関する事柄は時に専門的になりすぎて、素人ではどうしようもないこともあります。東京には土地家屋調査士という資格者のいる事務所がありますので、そういったところに頼めば登記もスムーズです。

購入の申込み

女性

不動産を購入する際には、住宅ローンの返済も含めて様々な面から検討することになります。購入を決めて最終的に申し込みをするとなった場合、どのような流れで手続きが進むのでしょうか。それを把握しておけば購入における不安を減らすことができます。不動産業者に購入の申込みのする段階では、購入したい物件については決めておいた方が良いです。気に入った物件を見つけた場合、すぐに決めてしまわないようにしましょう。検討すべき詳細事項があるので確認してください。物件を案内された場合、気になることがあったらそのままにせずにすぐに質問をしましょう。条件提示をしてから購入することになりますが、この条件は購入の希望額などが挙げられます。引き渡しの時期も基本的には確認しますが、購入の条件となる事項があればこのときに提示を行なうべきです。この条件とは例えばリフォームが挙げられます。

各条件の提示も終わり、申込みを終えると具体的な交渉に入りますが、新築と中古ではこの流れが多少変わってくるので注意すべきです。新築を購入する場合、申込証拠金を支払うことになる場合が多いので、交渉の際までには準備しておきましょう。結果的に契約に至らなかった場合、業者からこの申込証拠金は基本的には返還されますが、支払いの前に返還されるのかどうかは確認すべきです。中古物件の場合はこの申込証拠金は必要ありません。その変わり、買付証明書という書類を売り主に渡さなければなりません。支払い条件など、具体的な購入における条件を明記することになります。