不動産購入の流れを把握しておこう|上手な交渉術

模型を持つ人

スムーズに申請する

婦人

東京でマイホームを建設する際、土地を購入して建築物を建設することになります。その際、土地の購入と建築物で必要になるのが登記です。土地の境界線を確定し、建築物と道路の諸手続きをしなければならないのです。これは増築する際にも必要になることがあり、きちんと登録されていないと知らず知らずの内に規定に違反してしまうこともあるので気をつけましょう。とはいえ、土地や建築物の登記は専門的な作業となっているため、素人には難しい面が多いです。こんなときは東京で土地家屋調査士を探し、登記の手続きを手伝ってもらいましょう。公正な判断と測定技術で土地境界確定図を作成してくれるため、後から周辺住民とトラブルになることもありません。

土地家屋調査士は東京にいくつか事務所を構えているところがありますが、ここではどのような手続きを行なってくれるのか把握しましょう。例えば、建築物を建設する際ですが、敷地調査をしてくれます。そして、法務局の資料を調べてもくれますし、建物表題登記の申請まで行なってくれるので、マイホーム建設にかかる面倒な登記手続きは全て任せられるのです。東京の土地は整備されているとはいえ、境界がはっきりしているとは限りません。そのため土地家屋調査士がこのような手続きをしてくれるとスムーズな登録が可能になるのです。土地を売る際も東京の土地家屋調査士は頼りになります。貴重な財産になるので、土地地積更正登記などの依頼も検討しましょう。